長期金利と短期金利の違い

マーケットの動向を見る上で、株式(株価指数)や外国為替(為替レート)、コモディティ(金、原油)などの指標と共に、「金利」の指標も注目されます。通常、金利の指標と言った場合、「長期金利」と「短期金利」の二つがあり、日本においては、長期金利の代表的な指標として「新発10年国債利回り」が、また短期金利の代表的な指標として「無担保コールO/N物レート」が注目されています。

一般に金利は、日々大きく動くことはありませんが、住宅購入や設備投資、財政、資金調達、株価、為替レートなど、経済全般に大きな影響を及ぼすので注意が必要です。ここでは、「長期金利と短期金利の違い」について、簡単にまとめてみました。

長期金利について

長期金利は、取引期間が1年以上の資金を貸し借りする際の金利をいいます。これは、国債や地方債、社債、預貯金、ローンなど、償還期限が1年以上の資産(債権)や負債(債務)の金融資産に適用される金利全般を指し、現在、日本の長期金融市場では、国債利回りや金利スワップレートなどがあり、各年限の長期金利を形成しています。

短期金利について

短期金利は、取引期間が1年未満の資金を貸し借りする際の金利をいいます。これは、短期国債や預貯金、CP、CD、資金取引、ローンなど、償還期限が1年未満の資産(債権)や負債(負債)の金融資産に適用される金利全般を指し、現在、日本の短期金融市場では、コールレートや国庫短期証券利回り、TIBOR東京レポ・レート、CD平均金利、CP平均金利、ユーロ円金利先物などがあります。

長期金利と短期金利の関係について

長期金利と短期金利の関係を簡単にまとめると、以下のようになります。

●長期金利と短期金利は、分断されたものではなく、全体で金利状況を表している。具体的には、横軸を期間として、期間に対応する利回りをプロットしてゆき、その点をつなぎ合わせて描かれる「イールドカーブ(利回り曲線)」を形成する。

●イールドカーブは、通常、長期金利が短期金利を上回ることが多く、そのカーブが右上がりの曲線となる。

順イールド:曲線は右上がり(短期金利<長期金利)
逆イールド:曲線は右下がり(短期金利>長期金利)

●長期金利は、短期金利の影響も受けながら、景気やインフレ動向に関する各種予測を反映した長期資金の需給によりマーケットで決定される。

長期金利と短期金利の違いについて

長期金利と短期金利の違いを簡単にまとめると、以下のようになります。

●短期金利は、短期金融市場の動向を反映した、期間が1年未満の金融取引に適用される金利の総称なのに対して、長期金利は、長期金融市場の動向を反映した、期間が1年以上の金融取引に適用される金利の総称となっている。

●短期金利は、中央銀行金融政策(政策金利)に影響されるのに対して、長期金利は、市場の需給関係や将来の予測(経済動向・物価動向・金融政策等の見通し)などに影響される。それゆえ、長期金利は、短期金利に比べて、コントロールが難しい。

●短期金利は、各国で取引内容が異なるが、長期金利は、どこの国も国債市場がベースとなっている。また、世界の国債市場は、多くの市場参加者が取引して連動する傾向があるため、長期金利は、海外金利(特に米国の長期金利)の影響を受けやすい。