利子と利息と金利の違い

預金やローンなどの金融取引において、「利子」や「利息」、「金利」といった用語が出てきますが、これらはどう違うのでしょうか? 多くの方は、おおよそのニューアンス(意味合い)は理解されているかと思いますが、「具体的には何?」と言われたら、戸惑われる方も多いのではないでしょうか?

ここでは、身近な用語である「利子と利息と金利の違い」について、簡単にまとめてみました。

利子について

利子(りし)は、金銭の貸借が行われた場合に、その使用の報酬(対価)として、借り手が貸し手に支払う金銭のことをいいます。また、「利子」を含む用語には、「利子率」や「利子所得」、「利子補給金」、「無利子」、「有利子負債」などがあります。

利息について

利息(りそく)は、金銭の貸借が行われた場合に、その使用の報酬(対価)として、貸し手が借り手から受け取る金銭のことをいいます。また、「利息」を含む用語には、「支払利息」や「受取利息」、「延滞利息」、「利息制限法」、「無利息」などがあります。

金利について

金利(きんり)は、金銭の貸借において、元金に対する利子(利息)の割合をいいます。また、「金利」を含む用語には、「預金金利」や「貸出金利」、「長期金利」、「短期金利」、「固定金利」、「変動金利」、「政策金利」、「市場金利」などがあります。

利子と利息と金利の違いについて

利子と利息と金利の違いを簡単にまとめると、以下のようになります。

●利子と利息の使い分けとして、貸した場合に受け取るものを「利息」、借りた場合に支払うものを「利子」とすることもあるが、実際は、どちらも区別なくよく使われている。

●金融機関では、「預金利息」や「無利息」など「利息」が使われることが多く、また税務では、いずれも使われるが、「利子所得」や「利子税」といった呼称となっている。

●金銭の貸借において、「利子」と「利息」は対価の額(金額)を指す用語なのに対して、「金利」は対価の割合を指す用語となっている。また、「利子(利息)=元金×金利(%)」の関係が成り立つ。