口座振込と口座振替の違い

日常生活の中で、銀行等を使って、お金を移動したり、支払ったりすることがありますが、その際に「口座振込」や「口座振替」などをよく利用します。この二つは、両方とも「口座振」という用語を含み、最後の一文字だけが違うだけですが、サービス内容としては全くの別物となっています。

ここでは、知っているようでいて意外と知らない「口座振込と口座振替の違い」について、簡単にまとめてみました。

口座振込について

口座振込は、「銀行振込」とも呼ばれ、銀行や信金、信組、労金、JAなどの金融機関に開設された預貯金口座宛てにお金を払い込むことをいいます。これは、送金方法の一つで、店頭窓口やATM、ネットバンキング、テレホンバンキングなどで行うことができます。また、店頭窓口とATMでは、預金口座からだけではなく、現金での振込も可能となっています。

口座振替について

口座振替は、「口座自動振替(口振、自振)」とも呼ばれ、銀行や信金、信組、労金、JAなどの金融機関の預金(貯金)口座から、毎月の公共料金や保険料、クレジットカードなどの支払いを自動引落しするサービスをいいます。これは、身近な決済手段の一つで、利用の際には所定の用紙(預金口座振替依頼書等)に記入の上、それを支払先またはクレジットカード会社・信販会社・ファクタリング会社等の収納代行会社の事務センターなどへ送付する必要があります。

口座振込と口座振替の違いについて

口座振込と口座振替の違いを簡単にまとめると、以下のようになります。

●口座振込は、他の金融機関の口座、同じ金融機関の他店口座、同じ金融機関の同一店舗の他人口座にお金を払い込む(移動する)ことをいうのに対して、口座振替は、本人の口座から、毎月の公共料金や保険料、クレジットカードなどの支払いを自動引落しするサービスとなっている。

●口座振込は、その都度、ATM・ネットバンク等で操作したり、または窓口で依頼するなど、自分で送金の手続きをするのに対して、口座振替は一度申し込めば、金融機関が自動的に決済してくれる取引となっている。

●口座振込は、その都度、所定の手数料がかかるのが普通なのに対して、口座振替は、ほとんどの場合、手数料がかからない。(ほとんどの口座振替では、手数料はお金を受け取る事業者側が支払っている)