短期金利

読み方: たんききんり
英語名: Short-term interest rate
分類: マーケット|金利

短期金利は、取引期間が1年未満の資金を貸し借りする際の金利をいいます。これは、償還期限が1年未満(数日から数カ月程度)の負債債権などの金融資産に適用される金利全般を指し、現在、日本の短期金融市場では、コールレートや東京レポ・レート、CD平均金利、CP平均金利、国庫短期証券利回り、ユーロ円金利先物、TIBORなどがあり、その中で代表的な指標金利は「無担保コール翌日物レート」となっています。また、身近なところでは、1年未満の定期預金金利や普通預金金利なども該当します。

一般に短期金利は、長期金利と比べると、近い将来に予想外の物価変動(インフレやデフレ)が生じる可能性が小さく、また金利水準はマーケットでの資金量によってほぼ決まるため、中央銀行が金融調節によって金利水準をコントロールすることが可能となっています。このようなメカニズムから、世界中の多くの国・地域において、特定の短期金利(=政策金利)が中央銀行が行う金融政策の操作目標となっており、現在、日本では日銀が「無担保コール翌日物レート」を、米国ではFRBが「フェデラル・ファンドレート」を、またユーロ圏ではECBが「リファイナンス金利」を政策金利とし、それを一定水準へ誘導することを金融政策の操作目標としています。