貯金と預金の違い

日常生活の中で、「貯金」や「預金」という言葉をよく使いますが、この二つの違いをご存知でしょうか? どちらもお金を預けるという点では同じですが、貯金の方は、お金を貯めるという意味もあるので、より幅広く使われている感じです。例えば、「将来に備えて貯金する」とは言いますが、「将来に備えて預金する」とはあまり言いません。

ここでは、「貯金」と「預金」の違いについて、簡単にまとめてみました。なお、貯金の英語は「savings」で、預金の英語は「deposit」となっています。

貯金について

貯金は、広義には、お金を貯めることや貯めたお金のことをいいます。これは、金融取引においては、郵便局(ゆうちょ銀行)や農業協同組合(JAバンク)、漁業協同組合(JFマリンバンク)に金銭を預けることや預けた金銭のことをいいます。また、貯金商品の種類には、普通貯金や貯蓄貯金、納税準備貯金、定期貯金などがあります。

なお、その他の意味として、 野球やサッカーなどのリーグ戦において、勝った数が負けた数を上回っている時の差をいうこともあります。

<本用語の使用例>

・子どもの教育資金をコツコツ貯金している
・何度も挑戦しているのに、なかなか貯金ができない
・チームは今季初の3連勝で貯金を1とした

預金について

預金は、広義には、金融機関にお金を預けることや預けたお金のことをいいます。これは、金融取引においては、銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫、商工中金に金銭を預けることや預けた金銭のことをいいます。また、預金商品の種類には、普通預金や当座預金、貯蓄預金、納税準備預金、通知預金、定期預金、仕組預金などがあります。

<本用語の使用例>

・病院の入院費の支払いで預金を下ろした
・この超低金利では、預金しても利息が全く付かない
・当面は、元本保証がある預金で着実にお金を貯めたい