貯金と貯蓄の違い

日常生活において、「貯金をする」や「貯蓄をする」といった言い回しはよく使われますが、この中に出てくる「貯金」や「貯蓄」はどう意味が違うのでしょうか? 簡単に言えば、どちらもお金を貯めるという点では同じですが、貯蓄については、経済学の用語としても使われます。

ここでは、「貯金」と「貯蓄」の違いについて、簡単にまとめてみました。なお、貯金の英語は「savings」で、貯蓄の英語は「saving」となっています(同じ表記で使われることもあり)。

貯金について

貯金は、広義には、お金を貯めることや貯めたお金のことをいいます。これは、金融取引においては、郵便局(ゆうちょ銀行)や農業協同組合(JAバンク)、漁業協同組合(JFマリンバンク)に金銭を預けることや預けた金銭のことをいいます。また、貯金商品の種類には、普通貯金や貯蓄貯金、納税準備貯金、定期貯金などがあります。

なお、その他の意味として、 野球やサッカーなどのリーグ戦において、勝った数が負けた数を上回っている時の差をいうこともあります。

<本用語の使用例>

・貯金ゼロの人は小さな目標から始めるのがいい
・将来の年金が不安なので老後資金を貯金している
・ある程度の収入があるのに、なかなか貯金が増えない

貯蓄について

貯蓄は、日常的には、金銭(財貨)を蓄えることをいいます。これは、将来のライフイベント(結婚・教育・旅行・起業・老後等)や日常の金銭的備え(様々支出の原資)などのために行うものであり、資産運用においては、安全かつ確実に貯めることが基本となります。また、経済学的には、経済主体が受け取った所得のうち、消費に支出されなかった残余の部分をいいます。

<本用語の使用例>

・人生100年時代、老後の貯蓄はいくら必要か
・夫婦共働きでダブルインカムなのに、なかなか貯蓄できない
・子どもにお金がかかり、当面は貯蓄を取り崩して対応するほかない