預金

読み方: よきん
分類: 概念

預金は、銀行信託銀行信用金庫信用組合労働金庫などの金融機関に金銭を預けること、および金融機関に預けられた金銭のことをいいます。これは、法律的には「消費寄託契約」の一種で、金融機関に元本の返還を条件に金銭を預託し、その保管と運用を依頼(委託)することであり、金融機関側からは債務となり、一方で預金者側からは金融機関に対する支払請求権となります。また、預金は要物契約であり、契約が適法に成立するためには、現金等の目的物の引渡しが必要となります。

なお、日常的な金融取引において、預け先によって「預金」と呼んだり「貯金」と呼んだりしますが、その取引自体には基本的な違いはありません。

預金の預入期間による分類

預金は、預入期間の定めが特になく、預金者からの払戻請求により、いつでも自由に出し入れができる「流動性預金(普通預金、当座預金、貯蓄預金、通知預金、納税準備預金など)」と、予め預入期間が定められていて、原則として払戻期日前に引き出すことができない「固定性預金(定期預金、定期積金、譲渡性預金など)」に大別されます。

預金の払戻期限による分類

預金は、払戻期限を定めない「要求払預金(当座預金、普通預金、貯蓄預金など)」と、払戻期限を定められる「期限付預金(通知預金、定期預金、定期積金など)」に大別され、いずれも預けた資金に対して、金融機関が将来の元本の支払いを保証する商品となっています。(外貨預金仕組み預金では、元本割れもあり)

預金の基本的な種類

普通預金

日常生活の中で、お金の出し入れがいつでも自由にできる利便性の高い預金。

当座預金

主に企業や個人事業主が業務上(営業資金等)の支払いに利用する無利息の預金で、現金の代わりに「小切手」や「手形」で支払いをする際に活用。

貯蓄預金

普通預金より収益性(金利)が高く、定期預金より換金性が高い、普通預金と定期預金の中間に位置する預金。

定期預金

預けてから一定期間は引き出せない預金で、スーパー定期大口定期預金期日指定定期預金変動金利定期預金積立定期預金などがある。

定期積金

信金や信組などで取り扱われる、定期的に掛金を払い込み、満期日にまとまった給付契約金を受け取れる積立型の商品。

通知預金

まとまった資金を短期間預ける場合に、普通預金よりも高い金利で運用することができる預金。

納税準備預金

個人および法人が利用できる、国税や地方税の納税用の資金を預け入れる預金。

日本の預金保険制度

預金保険制度とは、金融機関が預金保険料を預金保険機構に支払い、万が一、金融機関が破綻した場合に、預金保険機構が一定額の保険金を支払うことにより預金者を保護する仕組みをいいます。

現在、日本の預金保険制度では、当座預金や利息の付かない普通預金等(決済用預金)は全額保護されると共に、定期預金や利息の付く普通預金等(一般預金等)は預金者一人当たり一金融機関毎に合算され、元本1,000万円までと破綻日までの利息等が保護されます。

なお、それを超える部分については、破綻した金融機関の残余財産の状況に応じて支払われるため、一部支払われない可能性があります。