保険

読み方: ほけん
英語名: Insurance
分類: 概念

保険は、死亡や傷害、火災、盗難、事故などの偶発的な事柄(保険事故)によって生じる経済的不安(損失)に備えて、多数の者が掛け金(保険料)を拠出し、それを原資として保険事故に遭遇した者に所定の金額を給付する制度をいいます。これは、将来起こる可能性のある危険(リスク)に対し、予測される事故発生の確率に見合った一定の保険料を加入者が公平に分担し、万一の保険事故に対して備える「相互扶助の精神」から生まれた助け合いの制度で、個人や法人(企業等)などのリスクマネジメント手法の一つとなっています。

一般に保険は、「公営保険」と「民営保険」、「生命保険」と「損害保険」、「企業保険」と「家計保険」、「物保険」と「人保険」、「定額保険」と「不定額保険」、「有配当保険」と「無配当保険」、「生存保険」と「死亡保険」と「生死混合保険」、「単生保険」と「連生保険」などに分類され、また制度の担い手(運営者)は、国や地方公共団体、独立行政法人、保険会社、少額短期保険業者、共済などとなっています。

公営保険と民営保険

公営保険
社会政策や経済政策として実施される保険をいう。
民営保険
民間の営利または非営利団体によって実施される任意の保険をいう。

生命保険と損害保険

生命保険
人の死亡または一定の年齢までの生存に対して、一定の金額を支払うことを約束する保険をいう。
損害保険
偶然の事故により生じた損害をてん補する保険をいう。

保険の関係者

保険者
保険事業を運営し、保険事故が起きた時に、保険金を支払う義務を負うことになるものをいう。
被保険者
その人の生死や疾病、災害などに関して、保険の対象となっている人のことをいう。
保険契約者
保険者(保険会社等)と保険契約を締結する人のことをいう。
保険金受取人
保険事故が発生した際に、保険契約に基づき、保険金や給付金などを受け取る権利を有する人のことをいう。