生死混合保険

読み方: せいしこんごうほけん
分類: 保険区分

生死混合保険は、生存保険と死亡保険が組み合わさった保険のことをいいます。これは、生命保険の分類の一つで、万一の死亡のリスクに備えると共に貯蓄性も重視した保険で、一定期間内に死亡の場合は死亡保険金が、一定期間経過後に生存の場合は生存保険金が支払われるものです。現在、代表的な保険商品には、死亡保険金と生存保険金の割合を1:1にした養老保険があります。

なお、この生死混合保険に対して、被保険者が一定期間経過後に生存していた場合に保険金が支払われるものを「生存保険」、また被保険者が死亡または高度障害になった場合に保険金が支払われるものを「死亡保険」と言います。