iFinancial TV(金融動画)>> YouTubeでチャンネル登録!

生存保険

読み方: せいぞんほけん
分類: 保険区分

生存保険は、被保険者が一定期間経過後に生存していた場合に、生存保険金満期保険金が支払われる保険をいいます。

生命保険の分類の一つで、長く生きることを前提としたり、長生きのリスクに備えたりする保険を指し、また被保険者が保険期間中に死亡した場合は保険金が支払われないのが特徴となっています。

現在、日本で販売されているものは、必ずしも純粋な意味での生存保険ではなく、実際は「個人年金保険」や「貯畜保険」などのように、保険期間中に死亡した場合は支払った保険料相当額や解約返戻金相当額を支払い、ある程度の死亡保障を付けたものがほとんどとなっています。

一方で、生存保険に対して、被保険者が死亡または高度障害になった場合に保険金が支払われるものを「死亡保険」、また一定期間内に死亡の場合は死亡保険金が、一定期間経過後に生存の場合は生存保険金が支払われるものを「生死混合保険」と言います。