保険料

読み方: ほけんりょう
分類: 保険料

保険料は、保険契約者保険者に支払う料金(金銭)のことをいいます。これは、公的年金や公的医療保険、公的介護保険、雇用保険、労災保険などの「公的保険」と、生命保険や損害保険などの「民間保険」の両方で広く使われている用語で、その種類には、年金保険料や健康保険料、介護保険料、雇用保険料、労災保険料、生命保険料、損害保険料(自動車保険料、火災保険料、地震保険料他)などがあります。また、保険者とは、保険事業を運営し、保険事故が起きた時に保険金を支払う義務を負うものをいいます。

一般に民間保険において、保険料は、保険契約に伴い、被保険者の被る危険(リスク)を保険会社が負担する対価として保険契約者が支払うお金で、通常、そのリスクが大きいほど保険料は高くなります。また、各家庭において、加入している全ての保険の保険料を合算するとかなりの金額になるので、家計を改善する上で「保険の見直し」は結構効果的と言えます。