債券のリターンとリスクは?

債券は、マーケット(債券市場)において、発行体が必要な資金を調達するために発行する有価証券(借用証書)ですが、その種類には、国債のようにリスクの低いものからジャンク債のようにリスクの高いものまで、非常にバラエティに富んでいます。

一般に債券投資において、格付けの高い(リスクの低い)債券は収益性が低く、一方で格付けの低い(リスクの高い)債券は収益性が高くなっています。そのため、債券で運用する際には、リターンに注目するだけではなく、リスクにも十分に注意することが必要です。

ここでは、債券のリターンとリスクについて見てみましょう。

債券のリターンは?

債券のリターンは、株式と同様、「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」から構成されます。通常、キャピタルゲインについては、債券市場(金利等)の動向によって大きく変わり、またキャピタルゲインがあることは、同時にキャピタルロスの可能性もあることにご注意ください。

インカムゲイン
-クーポン(利息収入)
キャピタルゲイン
-売却益(=売却価格-取得価格)
-償還差益(=償還価格-取得価格)

債券のリスクは?

債券のリスクは、国債や地方債、普通社債、外債、仕組債など、債券の種類によって異なりますが、具体的には、以下のようなものがあります。その中でも、信用リスクは、万が一、デフォルトとなって大きな損失を出さないためにも十分にご注意ください。

信用リスク(デフォルトリスク)
-発行体の倒産等で元本・利息が支払われないリスク
-格付け機関の格付けが一つの参考
カントリーリスク
-国の信用面のリスク
(経済危機、クーデター、紛争、テロ・・・)
価格変動リスク
-金利動向によって債券価格が変動するリスク
(金利低下は債券価格上昇、金利上昇は債券価格下落)
為替リスク
-外国債券の場合、為替が変動するリスク
(円高になると為替差損が発生することもあり)
流動性リスク
-売却したいと思った時に売却できないリスク
(国債以外は、あまり流動性が高くない)