ジャンク債

読み方: じゃんくさい
英語名: Junk bond
分類: 債券|分類

ジャンク債(ジャンクボンド)は、「ハイイールド債」とも呼ばれ、低格付けのデフォルトリスク(元本償還や利払いの不能リスク)の高い債券のことをいいます。これは、通常、スタンダード・アンド・プアーズ社(S&P)の格付けで「BB」、ムーディーズ社(Moody's)の格付けで「Ba」、もしくはそれ以下の低格付けの債券のことを指します(他の格付会社も同様)。

一般にジャンク債は、利回りが高い反面、信用リスクも高いため、その投資はハイリスク・ハイリターンとなっています。また、債券市場においては、投資適格債に比べて信用リスクが高い分、利回り(リスクプレミアム)も高く、デフォルト率などを考慮した理論価格よりも安くなる傾向があります。このような特色に着目して、複数の銘柄をパッケージにして運用すれば、リスクも分散されて高いリターンが得られるという発想の投資戦略も採用されています。この場合、いくつかの銘柄はデフォルトされることを計算(考慮)し、その上でリスクに見合ったリターンが十分に得られると判断されるポートフォリオを組んで、高いパフォーマンスを狙っていくことになります。

なお、日本では、1996年以降、適債基準が撤廃されたことで、格付けの低い中南米や東欧の円建て外債起債が行われました。また、日本国内の社債などでは、発行後に投資不適格となった例はありますが、最初からジャンク債として発行された例はまだありません。

※ジャンクとは、「がらくた」や「紙くず」という意味。