債券の種類は?

債券は、債券市場において、お金を借りるために発行される「有価証券(借用証書)」のことをいい、全ての金融商品の中で最も種類が豊富です。その理由として、投資家から直接資金を調達する直接金融の代表的な手段であるため、国や地方公共団体、独立行政法人、民間企業、国際機関、外国政府など、様々な機関が常に新しい債券を市場で発行しているからです。ここでは、債券の具体的な種類について見てみましょう。

債券の発行体による分類(国内債券)

国内債券とは、日本国内の発行体が日本国内において、円建てで発行する債券のことをいい、現在、以下のような債券が発行されています。

公共債:国や地方公共団体等が発行する債券

・国(政府)
国債超長期長期中期割引国庫短期証券個人向
・政府関係機関
政府関係機関債政府保証債財投機関債
・地方公共団体
地方債東京都債大阪府債北海道債・・・)

民間債:民間企業が発行する債券

・一般企業等
-社債(普通社債、特定社債、新株予約権付社債、投信法人債、交換社債)
・一部の金融機関(系統)
-金融債(利付金融債割引金融債

債券の発行体による分類(外国債券)

外国債券とは、発行体、発行場所、通貨のいずれかが外国の債券のことをいい、現在、以下のような債券が発行されています。

国際機関債
世界銀行やアジア開発銀行、米州開発銀行、欧州復興開発銀行など、世界の公的な国際機関が発行する債券。

|外国公共債|
外国の国や政府系機関、地方公共団体などが発行する債券。この中で、中央政府が発行するものは「ソブリン債」と呼ばれる。

|外国民間債(事業債等)|
外国の事業会社や金融機関などが発行する債券。

債券の通貨による分類

債券は、通貨の違いにより、「円建て債」、「外貨建て債」、「二重通貨建て債」に分類できます。

・円建て債
-国内債券、円建て外債
・外貨建て債
-外貨建外国債券
・二重通貨建て債
デュアルカレンシー債リバースデュアルカレンシー債

債券の利払いによる分類

債券は、利払いの有無によって、「利付債」と「割引債」に分類できます。

利付債:利払いのある債券
固定利付債変動利付債
割引債:利払いのない債券
-ゼロクーポン債、ストリップ債(元本とクーポンが別々に取引される債券)

債券の募集形態による分類

債券は、募集形態によって、「公募債」と「縁故債」に分類できます。

公募債:誰でも買える債券
-不特定多数を対象に募集される債券
縁故債:特定の人だけが買える債券
-あらかじめ購入者が決められた債券

債券の発行時による分類

債券は、発行状況によって、「新発債」と「既発債」に分類できます。

新発債:新規に発行される債券
-発行条件はその時々の市場実勢で決まる
既発債:既に市場で取引されている債券
-市場に流通している債券で、その時々の市場価格で取引される

債券の機能による分類

債券は、機能によって、「ストレート債」と「エクイティ債」に分類できます。

・ストレート債
-利払いや満期償還がある一般的な債券
・エクイティ債
-株式に転換出来たり、引受けの権利が付いた株式絡みの債券

債券の投資適格による分類

債券は、投資適格の基準(信用リスクの高低)によって、「投資適格債」と「投資不適格債(ジャンク債)」に分類できます。

投資適格債
-元本の償還や利息の支払が相対的に安全な債券
投資不適格債
ー元本の償還や利息の支払が不確実な債券

債券のリスク度合いによる分類

証券化商品などの債券をリスク度合いで3つに分類した場合、それぞれを「シニア債(優先債)」、「メザニン債」、「ジュニア債(劣後債)」と呼んでいます。

シニア債
-3つの中で最も低リスクの債券
メザニン債
-3つの中で中間のリスクの債券
ジュニア債
-3つの中で最も高リスクの債券