先物取引

読み方: さきものとりひき
英語名: Futures contract
分類: 先物

先物取引(Futures)は、デリバティブ取引の一種で、将来の売買について、予め現時点で約束する取引のことをいいます。これは、ある対象商品を将来の一定の期日に、今の時点で取り決めた価格で取引することを約束(保証)する契約であり、もっと簡単に言えば、いつ・何を・いくらで売買するという「未来の取引を約束する契約」を指します。

現在、先物取引は、世界各地にある取引所(マーケット)を通して日々取引が行われており、その種類には、短期金利を対象とした「金利先物取引」、債券を対象とした「債券先物取引」、株価指数を対象とした「株価指数先物取引」、通貨を対象とした「通貨先物取引」、コモディティ(商品)を対象とした「商品先物取引」、排出権を対象とした「排出権先物取引」、電力を対象とした「電力先物取引」などがあります。

ちなみに、差金決済を含んだ世界初の公認の先物取引は、1730年に日本において、幕府公認として開設された大坂の「堂島米会所」で米の先物取引が行われたのが最初と言われています。

先物取引の仕組み

先物取引は、取引所が指定する一定の証拠金を預託するだけで取引(売買)できるようになっています。また、将来の決済については、期日に現物受渡しすることはほとんどなく、反対売買をして差額授受により決済(差金決済)するのが普通となっています。なお、取引には、通常、複数の限月が設定されます。

買い方は先物相場の上昇により利益が得られる
売り方は先物相場の下落により利益が得られる

先物取引の主な機能と役割

先物取引は、マーケットにおいて、広く利用されており、主な機能と役割として以下が挙げられます。

・適正価格を定めるための価格の市場調整機能
・将来の価格変動の影響を避けるためのリスクヘッジ機能
・価格変動を利用して利益を得るスペキュレーション取引が可能
・現物と先物の価格差に着目したアービトラージ取引裁定取引)が可能

日本の取引所の主な先物取引

現在、日本において、先物取引には以下のようなものがあり、その中でも株価指数(日経平均株価)を対象とした、大阪取引所の「日経225先物」が最もよく取引されています。

大阪取引所:株価指数、配当指数、VI、REIT指数、国債
東京金融取引所:金利
東京商品取引所:貴金属、石油、ゴム、農産物、粗糖
大阪堂島商品取引所:米、農産物、粗糖