iFinancial TV(金融動画)>> YouTubeでチャンネル登録!

差金決済

読み方: さきんけっさい
英語: Settlement on balance
分類: 取引・決済

差金決済は、現物受渡しをせずに、反対売買によって差額(買付代金と売却代金の差額)の授受で決済を行うことをいいます。

取引終了(損益確定)の際に差額をやりとりするという仕組みで、具体的には、株式の信用取引、株価指数・国債等の先物・オプション取引、商品先物取引、外国為替証拠金取引、CFD取引、暗号資産取引などで利用されています。

一般に差金決済の取引は、現物取引と比べて、資金効率が高く、短期売買を繰り返しやすく、またレバレッジを効かせた大きな売買が可能であり、ハイリスク・ハイリータン型の取引となっています。

その一方で、これらの取引では、決済を確実に行うために「証拠金制度」が導入されています。