スワップ取引

読み方: すわっぷとりひき
英語名: SWAP
分類: スワップ

スワップ取引(SWAP)は、デリバティブ(金融派生商品)の一つで、等価のキャッシュフローを交換する取引の総称をいいます。これは、2者間で合意された「ある想定元本に対して異なる指標を適用して計算されたキャッシュフローを一定期間交換すること」を約束した取引を指します。

一般にスワップ取引は、マーケットにおいて、相場変動を回避したり、効率的かつ効果的な調達や運用を実現したりするために利用されており、具体的なものには、金利スワップや通貨スワップ、クーポンスワップ、エクイティスワップ、コモディティスワップなどがあります。また、その歴史は、1981年に世界銀行とIBMとの間で行われた"通貨スワップ"が最初のスワップ取引と言われており、以後、本取引は世界中で急速に拡大していきました。

なお、外国為替取引において、直物(スポット)と先物(フォワード)の2つの売買を同時に組み合わせたり、また異なった期日の先物同士の売買を同時に組み合わせた取引を"スワップ取引"と言うことがありますが、これについては、通貨スワップと区別するために「為替スワップ」とも呼ばれます。

金利スワップ

同一通貨間で異なる種類の金利を交換するスワップ取引。

通貨スワップ

異なる通貨の金利と元本を交換するスワップ取引。

クーポンスワップ

異なる通貨間で、金利のみを交換するスワップ取引。

エクイティスワップ

キャッシュフローの少なくとも一方が株式に関連したものを受払いするスワップ取引。

コモディティスワップ

商品価格と金利等を交換するスワップ取引。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

フィンテックが身近に。世界水準の金融アルゴリズムを提供するロボアドバイザーに注目!