自動車保険の見直し

「自動車保険の保険料は安くなる!」ということは知っていても、イザとなると何からやればいいのか分からない、という方も多いのではないでしょうか? また、自動車保険の見直しに興味があるものの、つい面倒くさくて、昨年と同じ内容で更新という方も多いのではないでしょうか?

一般に自動車保険は1年契約が多いので、生命保険医療保険とは異なり、毎年見直しの機会があります。この見直しについては、最初から完璧に行うことは難しいですが、毎年見直しの機会があるので、徐々に上達していけばよいのではないでしょうか? ここでは、自動車保険の見直しを行う際のポイントについて簡単にご説明します。

今契約中の保険会社でも安くなる可能性が?!

長年、同じだった自動車保険の契約を変えるのは、ちょっと勇気がいります。さらに、保険会社を変えるとなると、もっと勇気がいります。いきなり保険会社を変えるのは少し不安だという方は、まずは今契約している保険会社で見積りを取ってみてはいかがでしょうか?

実際のところ、自分自身で条件を考えて見積りを取ってみるだけで、保険料が安くなることがあります。その理由として、最初に契約した時と状況が変わっていたり、余分な特約が付いていたり、また使える割引制度を使っていなかったりというようなことが挙げられます。

現在、多くの保険会社において、ウェブサイトで「オンライン見積り」が取れるようになっているので、気軽に利用してみてはいかがでしょうか?

一括見積りサイトの活用で保険の比較は簡単!

自動車保険は、見直しを行えば、誰でも安くなるというわけではありません。実際に安くなるのは、自動車保険の等級がある程度高く、またリスクの少ない方です。

一般に保険料を安くしようと思ったら、自動車保険の一括見積りサイトで、今契約中の保険会社を含めて、複数の保険会社の見積りを取ってみるのが一番早いです。この場合、考えるべきことは、「補償内容やサービスをシンプルにして保険料を安くするのか」、それとも「充実した補償内容でリーズブルな保険料にするのか」ということがポイントになります。

日々のカーライフにおいて、自動車保険は「適切な補償をもれなく確保すること」が最優先事項ですので、まずはこれをよく認識した上で、保険料の節約を考えてみてはいかがでしょうか? なお、一括見積りサイトには、幾つかありますが、どれがいいか分からないという方は、「自動車保険の一括見積りで保険料を比較」をご参考ください。

<自動車保険のチェック項目>

保険料 補償とのバランスがカギ。自分にあった適切な金額か?
補償内容 これが自動車保険に入る一番の肝。リスク管理という視点が大切
契約範囲 年齢条件や運転目的など、安くなる要因はここにあり
サポート体制 事故時の対応だけでなく、無料ロードサービスなどもチェック
会社の信用力 格付け、株価、業績なども確認。安心できる会社か?

インズウェブ自動車保険

金融知識(保険)

生命保険の基礎知識

損害保険の基礎知識

保険関連の違いを知る

自動車保険の基本と選び方