iFinancial TV(金融動画)>> YouTubeでチャンネル登録!

ジュニア債

読み方: じゅにあさい
英語: Junior bond
分類: 債券区分

ジュニア債は、「劣後債」とも呼ばれ、証券化商品などの債券をリスク度合いで三つに分類した場合に、最も高リスク(低格付)の債券をいいます。

CBOCLOなどの証券化商品は、リスク度合いが異なるいくつかの階層(トランシェ)に分けて発行されることがあり、そのうち、最も安全な部分(低リスクなもの)を「シニア債」、中間的な部分(中リスクなもの)を「メザニン債」、最もリスクの高い部分(高リスクなもの)を「ジュニア債」と呼んでいます。

ジュニア債の概要

一般にジュニア債は、ハイリスク・ハイリターンのため、元利金の支払いが優先的に受けられない(債務弁済の順位が劣る)一方で、運用の利回りは高くなります。また、格付け(信用力)の高さは、シニア債>メザニン債>ジュニア債の順ですが、利回りの高さはその逆であり、運用の際には、投資家は自身のリスク許容度に応じて選択することになります。