ローン商品の基本事項

ローン商品は、金融機関等が顧客に対して資金を融資する金融商品をいいます。これは、個人の場合、住宅を購入したり、自動車を購入したり、子どもの教育資金を準備したり、また一時的に不足する資金を調達したりする場合に活用します。

ここでは、個人向けのローン商品の基本事項について、簡単にまとめてみました。

目次:コンテンツ構成

個人向けのローン商品の種類

個人向けのローン商品(ローン)には、銀行・信金・信組・労金・JAバンク等の金融機関では、住宅ローンや教育ローン、自動車ローン、アパートローン、リバースモーゲージ、フリーローン、カードローンなどが、またカード会社や消費者金融会社では、キャッシングやカードローンなどがあります。

一般にローンは、申込みの際に金融機関等の審査があり、所定の審査を通った場合にのみ、借ることができます。また、借り入れと同時に「返済」という義務が生じますので、将来を見据えた返済計画をしっかりと立てることが必要です。

住宅ローンの基本事項

住宅ローンは、住宅の購入や新築、増築、改築、リフォーム、および他の金融機関からの住宅ローンの借り換えなどの資金の融資が受けられる個人向けのローン商品をいいます。

・資金使途
-住宅の購入、新築、増築、リフォーム、借り換え・・・
・借入期間
-長期
・返済方法
-元利均等、元金均等
・金利
-固定、変動、固定選択

教育ローンの基本事項

教育ローンは、子どもの教育費を資金使途としたローン商品で、大きく分けて国と民間の2つがあります。

・資金使途
-進学資金、修学資金・・・
・借入期間
-中期
・返済方法
-元利均等、元金均等
・金利
-固定、変動

カードローンの基本事項

カードローンは、専用カードによるATMやCDからの借り入れや、口座振込による借り入れができる、資金使途が自由なローン商品をいいます。

・資金使途
-日常生活の中での一時的な借り入れ
・借入期間
-短期
・返済方法
-残高スライドリボルビング、元利込定額リボルビング、随時 他
・金利
-固定、変動

総合口座貸越の基本事項

総合口座貸越は、定期預金や公共債などを担保とした、総合口座の当座貸越(自動融資)サービスをいいます。

・資金使途
-普通預金の残高が不足した場合に自動融資
・借入期間
-超短期
・返済方法
-随時返済
・金利
-変動

SMBCモビット