借入と貸出と貸付と融資の違い

銀行や消費者金融会社などでお金を借りるとき、「借入」や「貸出」、「貸付」、「融資」といった言葉が使われますが、これらは一体どこが違うのでしょうか? 簡単に言えば、お金を貸借するという点では同じですが、通常、「借入」が借りる側が使う用語なのに対して、「貸出」と「貸付」と「融資」は貸す側が使う用語となっています。

ここでは、ローンに関係する基本用語である、「借入」と「貸出」と「貸付」と「融資」について簡単にまとめてみました。

借入について

借入(借り入れ)は、国語辞書では、金銭や品物を借りることをいいます。これは、日常的には、借り手が金銭を借りることを意味し、通常、「ローン」や「借金」のことを指します。また、本用語は、借り手側が主に使うのに対して、貸し手が金銭を貸すことを「貸出」と言います。

<本用語の使用例>

・バブル期には土地を担保に巨額の借入をしていた
・設備投資のための借入は、投資に合わせて確実に行うべきだ

貸出について

貸出(貸し出し)は、金銭や物品などを他者に、条件を設定して一定期間提供することをいいます。これは、金融においては、銀行等の金融機関などが貸付金を支出することであり、また信用を供与する業務(与信業務)の総称をいいます。

<本用語の使用例>

・新元号の発表で、図書館では関連書籍の貸出が増加している
・中央銀行は、ゼロ金利やマイナス金利での貸出を検討している

貸付について

貸付(貸し付け)は、各種条件を定めて、資金や物品、権利などを貸したりすることをいいます。これは、当事者間において、金額や利率、期間、担保などを定め、約束手形や借用証書を取って資金を貸したり、また借り賃や使用料、期間などを定め、物品や権利などを貸したりすることを指します。

<本用語の使用例>

・年収の3分の1を超えた貸付はしてはいけない
・市が土地や建物などの貸付を行い、民間が運営を行う仕組みだ

融資について

融資は、資金を融通して貸し出すことをいいます。これは、資金を必要とする法人や個人などに対して、将来における返済の約束のもとに資金を供与し、利用可能にする行為を指します。また、言い換えれば、信用を供与する行為であることから、日常的には、貸し手側が使うことが多く、借り手側にとっては、「借入」や「ローン」といった用語の方が馴染みが深いです。

<本用語の使用例>

・中小企業では、保証協会付きの融資を勧められることが多い
・不動産投資は、金融機関の融資を受けながら資産運用ができるという利点がある