マイホームの売却は何をすればいい?

ライフスタイルや家族の変化などにより、マイホームを買い替えたりする場合、今所有している物件を売却することになります。通常、マイホームの売却は金額的にも大きく、また後々の生活やマネープランにも大きな影響を及ぼすので細心の注意が必要です。

ここでは、マイホームの売却について、簡単にまとめてみました。

目次:コンテンツ構成

マイホームの売却フロー

マイホームの売却は、通常、以下のようなフローとなっています。

1.物件の査定を依頼する

・ネットで査定を依頼(匿名査定、一括査定)
・不動産会社を選定し、査定を依頼
・売却価格や税金等を把握・・・

※査定の仕方:複数の業者へ依頼、1つの業者へ依頼、自分で査定

2.媒介契約を締結する

・媒介契約(不動産仲介業者と結ぶ契約)の選定
・仲介手数料や広告手段などの確認 ・・・

3.売買契約を締結する

・価格や引渡し時期の設定
・契約条項の確認(付帯条項も)
・買主のローン等の条件の確認・・・

4.中間金を受領する

・入金の確認(遅れに注意)

5.残金の受領後、物件の引渡しを行う

・権利書(登記識別情報)の確認
・残金の受領
・抵当権の抹消・・・

マイホームの媒介契約の種類

マイホームの媒介契約には、以下の3つがあります。

一般媒介契約

依頼者が複数の宅地建物取引業者に重複して仲介を依頼できる媒介契約(同時に2つ以上の業者に依頼できる)。

専任媒介契約

依頼者が他の宅地建物取引業者に重複して仲介を依頼できない媒介契約(1社のみに依頼、依頼主自身でも見つけられる)。

専属専任媒介契約

依頼者が他の宅地建物取引業者に重複して仲介を依頼することができないと同時に、依頼した業者が紹介する相手以外の人とは取引できない媒介契約(1社のみに依頼、全て業者にお任せとなる)。

SMBCモビット