抵当権者と抵当権設定者の違い

住宅ローンなどで不動産(土地・建物)に「抵当権」を設定する場合、「抵当権者」や「抵当権設定者」といった用語が使わることがあります。この二つの用語は、「設定」が入るか入らないかの違いですが、具体的にはどう違うのでしょうか?

簡単に言えば、抵当権者が優先して弁済を受けられる権利を持つ債権者を指すのに対して、抵当権設定者は担保物件を提供する債務者を指します。なお、抵当権設定契約書では、本用語を使わず、「甲」や「乙」などを使って表記されることも多いです。

抵当権について

抵当権は、債務が弁済されない場合に、担保物件の競売代金から優先的に弁済を受ける権利のことをいいます。これは、特定の債権を保全するための担保権で、債務者または第三者(担保提供者)が提供した担保物の占有を債権者に移さず、抵当権設定者の手元に留めて、それを使用・収益させながら、万が一、債権が弁済されない時は、その担保物を(任意)競売し、その代金により、他に優先して弁済を受ける権利となっています。

抵当権者について

抵当権者は、債権者が債権を保全するために、抵当権設定契約に基づき、債務者の所有する不動産などの財産に対して、抵当権を設定した時の債権者のことをいいます。これは、通常、不動産登記簿乙区に記録される抵当権において、権利者として記載されている者を指し、例えば、金融機関や保証会社、貸金業者などが該当します。

なお、抵当権の一種である根抵当権においては、「根抵当権者」と言います。

抵当権設定者について

抵当権設定者は、債権者が債権を保全するために、抵当権設定契約に基づき、債務者の所有する不動産などの財産に対して、抵当権を設定した時の債務者のことをいいます。

なお、抵当権の一種である根抵当権においては、「根抵当権設定者」と言います。

第三者について

特定の法律関係において、これに関与する当事者以外の者を「第三者」と言い、抵当権設定契約の場合には、抵当権設定者と抵当権者を契約の「当事者」と言うのに対して、それ以外の者を「第三者」と言います。

SMBCモビット