債権

読み方: さいけん
分類: 債権・債務

債権は、ある者(債権者)が他の者(債務者)に対して、一定の行為(給付)を請求することを内容とする権利をいいます。これは、財産的利益を内容とする権利であることから、財産権の一つであると共に、請求権でもあります。

一般に債権には、給付保持力(債権者の履行による給付を保持しても不当利得とはならない効力)、訴求力(訴訟手続で債権を実体法上の権利として確認できる効力)、執行力(確定判決を債務名義に執行しうる効力)があるとされます。

債権の発生原因

現在、日本の民法では、債権の発生原因として、契約、事務管理、不当利得、不法行為の4つを規定しています。この中で、当事者間の合意により発生するものを「約定債権」と言い、契約による債権が該当します。一方で、法律の規定により発生するものを「法定債権」と言い、事務管理、不当利得、不法行為による債権が該当します。また、債権は、民法で目的に応じていくつかの下位概念があり、具体的には、特定物債権、種類債権、金銭債権、利息債権、選択債権が規定されています。

債権と債務

当事者間の給付を債権者から見た場合が「債権」、債務者から見た場合が「債務」となります。また、給付については、財貨でも、労務を供するものでも、一定の行為をしないという不作為でもよく、具体例としては、金銭の支払いの請求や、物の引渡しの請求などが身近な債権として挙げられます。

債権保全と債権放棄

債権は、いかなる状況でも保全することが原則ですが、時として放棄することもあります。

債権保全
金融機関や企業などにおいて、貸出金や売掛金などの債権の回収を確実にするための各種方策のこと。

債権放棄
債権者の有する債権の一部または全部について、債務者から弁済を受ける権利を放棄すること。

指名債権と証券的債権

債権は、債権譲渡においては、指名債権と証券的債権に分類されます。

指名債権
債権者が特定している普通の債権のことをいい、例えば、金融機関の預金、売主が買主に対して有する金銭債権、家主が借家人に対して有する賃料債権などが挙げられます。

証券的債権
証券の中に化体されている債権のことをいい、指図債権無記名債権記名式所持人払債権の三つに分類されます。

債権と債券(同音異義語で別物)

債権と債券は、普段よく見かける同音異義語で、また書き間違えもよくありますが、以下のような違いがあります。

|債権|
金銭を貸した者が借りた者に対して、その返還を請求する権利など、ある者が他の者に対して、一定の行為(給付)を請求することを内容とする権利。

債券
国や地方公共団体、国際機関、金融機関、企業などが資金調達のために発行する有価証券のこと。