当座預金

当座預金は、主に企業や個人事業主が業務上(営業資金等)の支払いに利用する無利息の預金で、現金の代わりに「小切手」や「手形」で支払いをする際に活用します。本預金は、預金保険法が定める「無利息、要求払い(随時払い戻しができること)、決済サービス(口座振替等)が提供可能なこと」という3要件を満たすため、「決済用預金」の一つに該当し、預金保険で全額保護の対象となります。

一般に当座預金を開設する際には、取引を申し込む金融機関で所定の審査があり、この審査に通り、当座勘定取引契約を結ぶことで口座が開設されます(通常、口座開設手数料がかかる)。本預金では、普通預金のように通帳はなく、その代わりに「当座勘定照合表」が金融機関から郵送されてきます。また、金融機関によっては、インターネットバンキングで取引内容を随時確認できるところもあります。

当座預金の口座開設時の審査

当座預金は、小切手や手形による信用決済取引のため、口座開設後に不渡りが出ると大きな問題となるため、金融機関の支店で所定の審査があります(支店長決裁)。その審査内容は、金融機関によってそれぞれ異なりますが、一般的には下記のようなことがチェックされることが多いです。

・会社の実態(登記簿謄本、印鑑証明書等)
・過去の預金取引等の実績
・過去の不渡り事故の有無
・事業内容や事業状況
・会社決算(売上、利益など)
・手形取引の必要性
・代表者の経歴や信用力(中小企業の場合)

なお、口座開設後は、小切手についてはすぐに発行できますが、手形についてはある程度取引実績を積まないと発行できないこともあります。

当座預金の入金(預入)と出金(払戻)

当座預金は、同じような決済性預金である普通預金とは、入金(預入方法)や出金(払戻方法)において大きく異なっています。そのため、利用するにあたっては、その仕組みをよく理解しておく必要があります。

●預入方法

当座預金入金帳またはキャッシュカード(ないところもあり)で随時預け入れができる。

●払戻方法

小切手、手形、口座振替、キャッシュカード(ないところもあり)で随時払い戻すことができる。なお、キャッシュカードによる払戻し等にあたっては、キャッシュカード規定に定める手数料がかかる。

当座預金の基本事項

当座預金は、日常の商取引において、小切手や手形で支払いを行う際の決済用口座として活用します。本口座を管理するにあたっては、常に小切手や手形の振り出し状況を把握し、また残高確認をしっかりと行い、決済時に残高不足となって「不渡り」とならないように細心の注意を払うことが必要です。

取扱機関 銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫など
リターン なし(無利息、小切手等の決済機能を提供)
リスク なし(全額保護、不渡りに注意)
預入金額 1円以上1円単位
預入期間 無期限、いつでも出し入れ自由
利払い 無利息
税金
保護制度 預金保険制度の対象
手数料 ・当座預金口座開設手数料
・小切手用紙発行手数料、手形用紙発行手数料 他
備考 ・経理は当座預金出納帳で管理
・公共料金の自動引落や借入金の返済等にも対応
・当座貸越契約を結べば、一定限度まで自動融資