決済用普通預金

決済用普通預金は、預金保険法が定める「無利息、要求払い、決済サービスが提供可能なこと」という3要件を満たした普通預金をいいます。これは、金融機関によっては「普通預金(無利息型)」や「無利息型普通預金」とも呼ばれ、2005年4月のペイオフ解禁の範囲拡大後に導入されたもので、現在、預金保険制度により全額保護されます。

ここでは、身近な預金商品の一つである「決済用普通預金」について、簡単にまとめてみました。

目次:コンテンツ構成

決済用普通預金の作成

決済用普通預金は、当座預金と同様、「無利息、要求払い(随時払い戻しができること)、決済サービス(口座振替等)を提供できること」という3要件を満たす「決済用預金」の一つで、新規に作成することもできますし、また既存の普通預金口座から「普通預金に関する無利息特約」を付けることで口座番号を変えずに移行することもできます。

なお、決済用預金の「決済サービスを提供できる」という要件は、預金者が口座振替(自動引落)などの決済サービスを利用していることを必要とするのではなく、商品性として決済サービスに利用することができるものが該当します。

決済用普通預金の主な機能

決済用普通預金は、通常の普通預金と同様、いつでも預入れ引出しが自由にでき、また公共料金等の自動引落や給与・年金等の自動振込、株式の配当金や投資信託の収益分配金等の自動受取などの機能もあります。

基本的に預入れや引出しは1円単位でいくらでも自由にできますが、昨今では、預金の不正引出しを防止するために、キャッシュカードでの引出しについては、1日あたりや1カ月あたりの「引出し限度額」が設定されています。

|預入れ(入金)

金融機関の店頭(窓口)では、通帳を持参し、現金(紙幣、硬貨)のほかに、手形や小切手、配当金領収証なども入金できます。また、ATMでは、キャッシュカードによって、現金のみ入金できます。

|引出し(出金)

金融機関の店頭(窓口)では、通帳と届出印を持参し、いくらでも出金できます(高額な場合は、身分証明書の提示を求められることもある)。また、ATMやCDでは、キャッシュカードによって、引出し限度額内であれば、いつでも出金できます。

※機械での引出しの際の本人確認:キャッシュカードと暗証番号以外に、生体認証(指静脈認証、手のひら静脈認証など)が利用できる金融機関もあり。

決済用普通預金の基本事項

決済用普通預金は、預金保険制度で全額保護対象となる普通預金を選択したい場合に活用します。

取扱機関 銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫など
リターン なし(無利息)
リスク なし(全額保護)
預入金額 1円以上1円単位
預入期間 無期限、いつでも出し入れ自由
利息計算
利払い 無利息
換金性 1円単位で、いつでも、いくらでも可能
保護制度 預金保険制度の対象