東証株価指数(TOPIX)

読み方: とうしょうかぶかしすう(とぴっくす)
英語名: Tokyo Stock Price Index
分類: 株価指数(日本)

東証株価指数(TOPIX)は、東京証券取引所市場第一部に上場する全ての日本企業(内国普通株式全銘柄)を対象とした、浮動株ベースの時価総額加重型で算出される株価指数をいいます。これは、1968年1月4日(基準日)の時価総額(8兆6,020億5,695万1,154円)を100ポイントとした場合に、現在の時価総額がどの程度かを表し、1969年7月1日から算出されています。

一般にTOPIXは、日経平均株価と並び、日本株の重要なインデックスとなっており、両者の主な違いは、TOPIXが東証一部に上場する内国普通株式全銘柄を対象とした「時価総額加重型」なのに対して、日経平均は東証一部上場銘柄から選定された225銘柄を対象とした「株価平均型」となっています。また、日常的には、日経平均の方が有名で注目されていますが、日本株のベンチマーク(運用成績の評価尺度)としては、TOPIXの方がよく利用されています。

TOPIXの算出方法

現在、TOPIXなど、東京証券取引所が算出・公表している株価指数は、「時価総額加重型」と呼ばれる方法により計算されています。時価総額加重型とは、ある過去の一定時点(基準日)の時価総額と比較して、算出時点の時価総額がどの程度増えたか減ったかを表しています。また、公募増資で株数が増えたり、新規株式公開で新たに企業が加わったりするなど、市況の変動以外の要因で時価総額が変化する場合は、基準時の時価総額を一定のルールで修正して連続性を保つようにしています。

指数={比較時時価総額(円)/基準時時価総額(円)}×100

TOPIXのテーマ・ストラテジー指数

TOPIXレバレッジ指数

対象となるTOPIXの前日比変動率に対して、一定の正の倍数を乗じた変動率となるように計算する指数。

TOPIXインバース指数

対象となるTOPIXの前日比変動率に対して、負の倍数を乗じた変動率となるように計算する指数。

東証配当フォーカス100指数

TOPIX1000および東証REIT指数の構成銘柄のうち時価総額および予想配当利回りに着目して選定された100銘柄を対象とする指数。

TOPIX Ex-financials

TOPIXから東証33業種分類の「銀行業」「証券、商品先物取引業」「保険業」「その他金融業」の銘柄を除いた29業種で構成される指数。

為替ヘッジ指数シリーズ

為替リスクヘッジした場合の原指数のリターンを示す指数。

TOPIXの関連指数シリーズ

TOPIX ニューインデックスシリーズ

TOPIXの算出対象(内国普通株式)を、時価総額と流動性(売買代金)から区分した指数。TOPIX Core30TOPIX Large 70TOPIX 100TOPIX Mid400TOPIX 500TOPIX SmallTOPIX 1000の7指数がある。

TOPIX-17 シリーズ

TOPIXの算出対象を、日本株の分類として伝統的に利用されてきた33業種分類を投資利便性から考慮し、17業種に再編した指数。

TOPIXスタイルインデックスシリーズ

TOPIX等の構成銘柄を、連結PBR(株価純資産倍率)などの指標を用いて、銘柄群をバリューまたはグロースといったスタイル別に区分した指数。TOPIXバリュー、TOPIXグロース、TOPIX 500バリュー、TOPIX 500グロース、TOPIX Smallバリュー、TOPIX Smallグロースの6指数がある。

TOPIXのデリバティブ

TOPIXを対象としたデリバティブ(株価指数先物取引、株価指数オプション取引)は、大阪取引所に上場されており、現在、以下の3つがあります。

・TOPIX先物
・ミニTOPIX先物
・TOPIXオプション

TOPIXの連動ETF

TOPIXに連動する上場投資信託(ETF)は、東京証券取引所に上場されており、現在、以下の6つがあります。また、TOPIXに関連する指数のETFも数多く上場されています。

・ダイワ上場投信-トピックス(1305)
・TOPIX連動型上場投信(1306)
・上場インデックスファンドTOPIX(1308)
・MAXIS トピックス上場投信(1348)
・DIAM ETF トピックス(1473)
・iシェアーズ TOPIX ETF(1475)