iFinancial TV(金融動画)>> YouTubeでチャンネル登録!

TOPIX Mid400

読み方: とぴっくすみっど400
分類: 株価指数(日本)/東証

TOPIX Mid400は、東京証券取引所が算出・公表する、東証株価指数(TOPIX)の構成銘柄のうち、「TOPIX100」に次いで、時価総額と流動性の高い400銘柄を対象とした時価総額加重型の株価指数をいいます。

TOPIXニューインデックスシリーズを構成する8つの指数の一つで、TOPIX100と共に「TOPIX 500」の一部となっているほか、東証規模別株価指数の中型株の構成銘柄と同じです。また、その算出にあたっては、基準日である1998年4月1日の基準値を1,000ポイントとして計算されます(算出開始日は1998年4月2日)。

TOPIX Mid400の概要

TOPIXニューインデックスシリーズ

TOPIXニューインデックスシリーズは、TOPIXの構成銘柄を時価総額と流動性(売買代金)から区分した時価総額加重型の株価指数で、現在、TOPIX Core30TOPIX Large70、TOPIX 100、TOPIX Mid400、TOPIX 500、TOPIX 1000TOPIX SmallTOPIX Small500の8指数から構成されています。

TOPIX Mid400の選定基準と見直し

TOPIX Mid400の選定基準は、以下のようになっています。

(1)基準日のTOPIX 500の算出対象の中から選定

基準日のTOPIX 500の算出対象のうち、TOPIXの算出対象の中で直近3年間の売買代金合計額の順位が1,000位以上で、かつ、時価総額順位が600位以上の銘柄の中から、時価総額が大きい順に400銘柄になるまで選定する。

(2)前項(1)によっても、銘柄数が400に不足する場合

不足分について、TOPIXの算出対象の中で直近3年間の売買代金合計額の順位が1,000位以上の銘柄の中から時価総額が大きい順に400銘柄になるまで選定する。

また、その時々の市場実勢をより適切に反映させるため、毎年1回(10月)、構成銘柄の見直しが行われ、その際には恣意的な判断や不明瞭な銘柄入替などを排除するため、構成銘柄の選定や入替の判断については、数値基準(時価総額、売買代金)だけで行われます。