TOPIX Core30

読み方: とぴっくすこあ30
分類: 株価指数(日本)/東証

TOPIX Core30は、東京証券取引所が算出・公表する、東証株価指数(TOPIX)の構成銘柄のうち、時価総額と流動性の特に高い30銘柄(大型株)を対象とした時価総額加重型の株価指数をいいます。

TOPIXニューインデックスシリーズを構成する8つの指数の一つで、TOPIX Large70と共に「TOPIX 100」の一部となっており、その算出にあたっては、基準日である1998年4月1日の基準値を1,000ポイントとして計算されます(算出開始日は1998年4月2日)。

また、その時々の市場実勢をより適切に反映させるため、毎年1回(10月)、構成銘柄の見直しが行われ、その際には恣意的な判断や不明瞭な銘柄入替などを排除するため、構成銘柄の選定や入替の判断については、数値基準(時価総額、売買代金)だけで行われます。

TOPIX Core30の概要

TOPIXニューインデックスシリーズ

TOPIXニューインデックスシリーズは、TOPIXの構成銘柄を時価総額と流動性(売買代金)から区分した時価総額加重型の株価指数で、現在、TOPIX Core30、TOPIX Large70、TOPIX 100、TOPIX Mid400TOPIX 500TOPIX 1000TOPIX SmallTOPIX Small500の8指数から構成されています。

TOPIX Core30の構成銘柄(2022年5月)

TOPIX Core30は、TOPIXニューインデックスシリーズの中で、特に大型株を中心とした銘柄からなる指数で、また世界的にも知名度の高い銘柄で構成されていることから、国内投資家だけでなく、海外投資家にも理解しやすい銘柄構成となっています。

1.トヨタ自動車(7203)
2.ソニーグループ(6758)
3.キーエンス(6861)
4.三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)
5.リクルートホールディングス(6098)
6.東京エレクトロン(8035)
7.日本電信電話(9432)
8.任天堂(7974)
9.三菱商事(8058)
10.ソフトバンクグループ(9984)

11.信越化学工業(4063)
12.日立製作所(6501)
13.KDDI(9433)
14.ダイキン工業(6367)
15.伊藤忠商事(8001)
16.武田薬品工業(4502)
17.本田技研工業(7267)
18.HOYA(7741)
19.三井住友フィナンシャルグループ(8316)
20.三井物産(8031)

21.日本電産(6594)
22.村田製作所(6981)
23.東京海上ホールディングス(8766)
24.セブン&アイ・ホールディングス(3382)
25.第一三共(4568)
26.SMC(6273)
27.みずほフィナンシャルグループ(8411)
28.ファナック(6954)
29.アステラス製薬(4503)
30.花王(4452)

TOPIX Core30に連動するETF(東証)

現在、東京証券取引所に上場する「TOPIX Core30(コア30)」と連動するETF(上場投資信託)には、以下のものがあります。

・NEXT FUNDS TOPIX Core 30連動型上場投信(野村AM)