貨幣

読み方: かへい
英語名: Money
分類: 貨幣

貨幣は、決済手段と価値尺度と価値貯蔵手段の機能を持つものをいいます。これは、広く社会に流通し、商品(財・サービス)の交換の際に、価値の尺度や支払の手段の役割を果たすほか、それ自体が富として価値の蓄蔵を図られるものを指します。また、狭義で、流通手段や支払手段として機能し、世の中に広く流通している貨幣を「通貨」と言います(広義では、通貨は貨幣と同義に用いられることもある)。

現在、日本において、「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」では、第2条3項で「通貨とは、貨幣及び日本銀行法(平成9年法律第89号)第46条第1項の規定により日本銀行が発行する銀行券をいう」と記され、また第5条1項で「貨幣の種類は、五百円百円五十円十円五円及び一円の六種類とする」と記されています。

貨幣の変遷

貨幣の起源は、原始社会にまで遡ると言われ、人々の間で分業が発達し、商品交換が進むにつれて、貝殻や石、布、家畜などが媒体として使われ、その後、が「本位貨幣」とされるようになり、現代では、鋳貨や紙幣、銀行券が用いられるほか、信用貨幣も含めていう場合が多いです。

(1)自然貨幣:貝殻や石、骨など、自然のもの

(2)商品貨幣:布、家畜、穀物、茶、塩など

(3)秤量貨幣:金、銀、銅など金属を重さで量って使用

(4)鋳造貨幣:金属を一定の型に入れて製造(品質等保証)

(5)兌換紙幣:一定量の金との交換を保証した紙幣

(6)不換紙幣:金との交換のない現代の紙幣

貨幣の概念

貨幣は、長い時代を経て発達し、その中で、以下のような概念が基本となっています。

本位貨幣

貨幣自体の素材の価値と額面金額が一致し、一国の貨幣制度の基準となる貨幣(金本位制や銀本位制の時代の金貨や銀貨)。

補助貨幣

少額取引の利便性を図るために、金属を素材として、政府により鋳造・発行される小額貨幣(現在、硬貨として利用)。

法定貨幣

法律によって支払手段や流通手段として強制通用力を与えられている貨幣(日本では、「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」で定義)。

信用貨幣

手形小切手、銀行券など、信用を基礎にして流通する貨幣代用物。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。