金属貨幣

読み方: きんぞくかへい
分類: 貨幣

金属貨幣は、古く(紀元前)から用いられている、金属を素材とする貨幣をいいます。

経済史の中の貨幣の変遷では、当初は、金や銀、銅などの金属を重さ(目方)で量って使用する「秤量貨幣」が用いられ、その後、金属を一定の型に入れて作り、一定の純分と重量を持つ「鋳造貨幣」へと発展しました。

その背景には、金属という素材が分割や運搬が容易で、耐久性に富み、また品質が一定で価値変動が少ないということがありました。