秤量貨幣

読み方: ひょうりょうかへい
分類: 貨幣

秤量貨幣は、「称量貨幣」とも呼ばれ、金属貨幣の一つで、受渡しの際に、品位や重量の鑑定、秤量を必要とする貨幣をいいます。

経済史の中の貨幣の変遷では、鋳造貨幣の前の段階のもので、その昔、受払いされる金や銀などの品位がまちまちであったため、鑑定や秤量を必要としたものであり、具体的には、江戸時代の「丁銀(ちょうぎん)」や「豆板銀(まめいたぎん)」などが挙げられます。