不換紙幣

読み方: ふかんしへい
分類: 貨幣

不換紙幣は、正貨(本位貨幣)に兌換されない紙幣をいいます。これは、兌換紙幣に対する用語で、金貨や銀貨などの本位貨幣と交換できない政府紙幣銀行券を指し、また今日の日本銀行券のように不換化された中央銀行券も含めて呼ぶ場合もあります。

その昔、日本銀行券は、1931年に金輸出再禁止と同時に金兌換が停止され、兌換銀行券から不換銀行券となり、また1942年に日本銀行法が制定され、兌換義務のない不換紙幣が発行できるようになり、法律上も兌換の義務がなくなりました。