補助貨幣

読み方: ほじょかへい
分類: 貨幣

補助貨幣は、「補助貨」とも呼ばれ、少額取引の利便性を図るために、金属(銀、銅、アルミニウム、ニッケルなど)を素材として、政府により鋳造・発行される小額貨幣をいいます。これは、元来、金本位制度下で発達した概念であり、本位貨幣の補助として日常の少額取引に用いられる貨幣を指していましたが、今日では、本位貨幣が存在しないため、貨幣は補助貨幣のみとなっています。

現在、日本では、補助貨幣は、500円100円50円10円5円1円の6種類が発行されており、「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」において、単に「貨幣」と称し、日本銀行券に対置される用語としています。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。