五百円硬貨(五百円玉)

読み方: ごひゃくえんこうか
分類: 貨幣

五百円硬貨は、正式には「500円バイカラー・クラッド貨幣」、俗に「五百円玉」と呼ばれ、日本政府が発行する、額面が500円の貨幣硬貨)をいいます。

1982年(昭和57年)に紙幣の五百円券に代わり、初代の「五百円白銅貨」が登場し、その後、2000年(平成12年)にデザインと材質が変更された2代目の「五百円ニッケル黄銅貨」が登場しました。そして、2021年(令和3年)に最先端の偽造防止技術を取り入れた3代目の「500円バイカラー・クラッド貨」が登場しました(造幣局が製造)。

・発行開始日:2021年
・素材:銅75、亜鉛12.5、ニッケル12.5
・直径:26.5mm
・量目:7.1g
・縁刻:異形斜めギザ