信用貨幣

読み方: しんようかへい
分類: 貨幣

信用貨幣は、「信用通貨」とも呼ばれ、信用を基礎にして流通する貨幣代用物をいいます。

性格的には、券面金額を支払うと約束した債務証書で、支払いを信認する人々の間で流通し、次第に貨幣機能を果たすようになったものであり、具体的には、手形や小切手、銀行券などが挙げられます。

元々は、本位貨幣に対する用語で、その昔、商業信用に基づいて商業手形が最初に信用貨幣になり、その後、銀行信用の発展に伴って、その信用を基礎にして広く流通するようになった銀行券が代表的な信用貨幣とされています。

なお、不換化した今日の中央銀行券については、発行者の貨幣支払約束の義務や保証、債務などの要件から、信用貨幣と見るべきか否かについて見解が分かれています。