年金

読み方: ねんきん
分類: 概念

年金は、毎年一定の金額を定期的に給付する制度において、支払われる金銭のことをいいます。これは、世間一般的には、老齢や障害、死亡などを保険事故として、被保険者や遺族の生活保障(所得喪失に対する保障)を目的とする年金保険制度のことを指し、大きく分けて、国が法律に基づいて行う「公的年金」と、民間で任意に行う「私的年金」の二つがあります。

現在、日本では、全ての国民が何らかの公的年金制度の対象となっている「国民皆年金」を導入していますが、一方で現役世代が払った保険料を高齢者に給付する「世代間扶養」の仕組みになっており、少子高齢化が進んだ昨今においては、制度面で大きな歪み(問題)が生じています。

公的年金と私的年金

公的年金
国が社会保障の一環として管理・運営する年金制度で、日本では、「国民年金」と「厚生年金」がある。
私的年金
企業が退職給与の一種として従業員に支給する「企業年金」と、保険会社等が個人を対象に提供する「個人年金」がある。

年金の基本用語

掛金
年金制度から支払われる給付等の原資に充てるために、制度へ払込む資金のこと。
拠出
年金の加入者が運営者に掛金を払い込むこと。
受給権
年金資産を受け取るための権利のこと。
裁定
年金または一時金の受給権の存在を、本人または遺族からの請求により、保険者が確認する行為のこと。
裁定請求
年金を受け取る資格ができた時に、年金を受け取る権利のある人が、所定の要件を満たしていることを申告して、その確認(裁定)を求める手続きのこと。
給付
年金資産が受給者に支給されること。