年金数理

読み方: ねんきんすうり
分類: 年金数理

年金数理は、年金制度において、長期的な財政計画を立てる際の数学的理論や計算方法を総称したものをいいます。これは、将来の年金支払いのために必要な掛け金率や積立金の水準を数理・統計的に算定する際に基礎となる概念となっています。また、年金数理の専門家を「年金数理人」と言い、確率・統計学を中心とした高度な数理的知識を活用し、年金制度における財政状況の診断、財政運営のアドバイス、年金数理書類の確認、年金制度のリスク管理(年金ALM)、企業会計(退職給付会計)における退職給付債務の評価などの職務に携わっています。

一般に年金数理の大前提(基本原則)として、保険料、積立金の運用収入、運営機関の負担の収入総額と年金給付の支出総額が長期的に均衡する「収支相等の原則(収入総額の現在時点の価値=支出総額の現在時点の価値)」があります。