世代間扶養

読み方: せだいかんふよう
分類: 概念

世代間扶養は、正確には「世代間扶養の賦課方式」と言い、受給世代の年金給付費を、その時の現役世代の保険料負担で賄う仕組みをいいます。これは、「過去の加入期間に相当する給付」についても、「将来の加入期間に相当する給付」と合わせて、今後の保険料収入で賄うことを基本とするもので、すなわち、現役世代の拠出した保険料が、そのまま自分の将来の年金給付の原資となるものではありません。

現在、日本の公的年金制度では、これから先のどの世代についても、現役時代に負担する保険料は、前世代の給付(過去の加入期間に対応する給付)の財源となり、また受給者となった時の年金給付費は、次世代の保険料負担で賄われることになるとされています。一方で、この仕組みは、今後の少子高齢化と人口減少の進展により、給付面や持続可能性などで大きな問題を抱えています。