被用者年金

読み方: ひようしゃねんきん
分類: 概念

被用者年金は、日本の公的年金制度のうち、民間企業や官公庁などに雇用されている人が加入する年金制度のことをいいます。これは、基礎年金に上乗せする形で、二階部分の「報酬比例の年金」が支給され、また雇用先によっては、さらに三階部分がある人もいます。ちなみに、被用者とは、労働契約に基づき、使用者から賃金を受け取って、労働に従事する人をいいます。

かつては、被用者年金には、厚生年金や国家公務員共済組合、地方公務員共済組合、私立学校教職員共済、農林漁業団体職員共済組合などがありましたが、2015年10月に施行された「被用者年金一元化法」により、厚生年金と共済年金に分かれていた被用者の年金制度が厚生年金に統一されました。なお、被用者年金は、国民年金の第2号被保険者が加入している年金制度で、また本制度に加入している人に扶養されている配偶者は第3号被保険者となります。