内閣

読み方: ないかく
英語名: Cabinet
分類: 日本経済|行政

内閣は、内閣総理大臣首相)とその他の国務大臣で組織し、国の行政権を担当する最高の合議機関をいいます。これは、行政が全体として整合性をもって行われるようにする責任を持つ「行政の最高機関」であり、通常、閣議による意思決定に基づいて行政権を行使し、国会に対して連帯してその責任を負います。

現在、日本において、内閣は、内閣総理大臣と14人以内(特別の必要がある場合は17人以内)の国務大臣で組織されます。また、内閣の下には、内閣府総務省法務省外務省財務省文部科学省厚生労働省農林水産省経済産業省国土交通省環境省防衛省と国家公安委員会の1府12省庁が置かれ、これら府省の長は国務大臣が務め、また内閣府の長は内閣総理大臣が務めます。

内閣の組織

内閣は、法律の定めるところにより、その首長たる内閣総理大臣及びその他の国務大臣で、これを組織すると憲法で定められています。これは、合議制の行政機関で、その運営を主宰するのが内閣総理大臣です。

内閣の責任

内閣は、天皇の国事行為について助言と承認を行い、その責任を負います。また、国会に対しては、連帯して責任を負うこととされています。

内閣の職務

内閣は、一般行政事務のほか、以下の職務を行うこととされています。また、天皇の国事行為に対する助言と承認、最高裁判所長官の指名、臨時国会の召集の決定なども行うこととされています。

・法律の誠実な執行と国務の総理
・外交関係の処理
・条約の締結(国会の承認が必要)
・公務員に関する事務の掌理
・予算の作成と国会への提出
・政令の制定
・恩赦、刑の執行の免除、復権の決定

内閣の組閣手順(憲法上の手順)

1.国会が国会議員の中から内閣総理大臣を指名(首班指名)
2.天皇が内閣総理大臣を任命(親任式)
3.内閣総理大臣が国務大臣を任命
4.天皇が国務大臣の任命を認証(認証官任命式)-内閣完成
5.内閣総理大臣が国務大臣の職を指定