文部科学省(文科省)

読み方: もんぶかがくしょう
英語名: Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT)
分類: 日本経済|行政

文部科学省は、「文科省」とも呼ばれ、日本の行政機関の一つで、2001年1月の中央省庁等改革に伴う新体制への移行を機に、旧文部省と旧科学技術庁が統合して誕生した行政機関をいいます。これは、「教育」「科学技術・学術」「スポーツ」「文化」の振興を管轄し、また各種政策を実施し、資源の少ない日本が世界の中で活躍するために、教育立国・科学技術創造立国の実現を目指しています。

文部科学省の任務(文部科学省設置法第3条)

文部科学省は、教育の振興及び生涯学習の推進を中核とした豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成、学術、スポーツ及び文化の振興並びに科学技術の総合的な振興を図るとともに、宗教に関する行政事務を適切に行うことを任務とする。

文部科学省の組織

●大臣

文部科学大臣、文部科学副大臣、文部科学大臣政務官

●内部部局

大臣官房、生涯学習政策局、初等中等教育局、高等教育局、科学技術・学術政策局、研究振興局、研究開発局、スポーツ・青少年局、国際統括官

●施設等機関

国立教育政策研究所、科学技術・学術政策研究所

●特別の機関

日本学士院、地震調査研究推進本部、日本ユネスコ国内委員会

●外局

文化庁-日本芸術院、スポーツ庁