通貨オプション

読み方: つうかおぷしょん
英語名: Currency Option
分類: オプション

通貨オプションは、「カレンシーオプション」とも呼ばれ、ある特定の通貨を、予め定められた期間または期日(権利行使期間)に、予め定められた価格(権利行使価格)で、買う権利(コールオプション)または売る権利(プットオプション)を売買する取引をいいます。

1980年代前半から外国為替市場(マーケット)で取引されるようになり、その後、市場規模は急速に拡大し、昨今では、リスクヘッジとトレーディング(利鞘狙い、ポジション転換など)の両方で利用され、マーケットにおいて重要な取引となっています。

目次:コンテンツ構成

通貨オプションの概要

通貨オプションとは、ある特定の条件で「通貨(為替)を売買する権利」を売買する取引です。また、価格算出モデルとしては、ブラック=ショールズモデルが使われることが多いです。

・権利対象:買いか売りか
権利行使価格(ストライクプライス):権利の行使レート
権利行使期間:予め定められた期間または期日
満期日:権利の期日
オプション料(プレミアム):本質的価値時間的価値

*本質的価値:市場価格-行使価格
*時間的価値:期間、金利、ボラティリティで決まる期待値

通貨オプションの基本形態

通貨オプションは、通貨原資産としたオプション取引で、「コールオプション(買う権利)」と「プットオプション(売る権利)」の2つがあり、また以下の4つが基本形態となります。

ロングコール:コール(買う権利)の買い
ショ-トコール:プット(売る権利)の買い
ロングプット:コール(買う権利)の売り
ショートプット:プット(売る権利)の売り

通貨オプションの行使タイプとプレミアム状態

通貨オプションのプレミアムは、アメリカンタイプ > ヨーロピアンタイプとなります。

ヨーロピアンタイプ:行使日は満期日だけ
アメリカンタイプ:満期日までいつでも行使可

また、その価値の状態は、ITM > ATM > OTMとなります。

ITM(イン・ザ・マネー):本質的価値+時間的価値
ATM(アット・ザ・マネー):時間的価値(本質的価値=0)
OTM(アウト・オブ・ザ・マネー):時間的価値

通貨オプションの利用方法

通貨オプションは、リスクヘッジとトレーディングの両方で利用され、その戦略によって多様な取引が可能です。

・ロングストラドル:相場変動が大きくなると予測
・ショートストラドル:相場変動が小さくなると予測
・ロングストラングル:上下どちらかの方向に大きく変動すると予測
・ショートストラングル:ほぼ横ばいに推移すると予測
ゼロコストオプション:プレミアムがトータルで0円
ノックアウトオプション:割安だが一定水準でオプション消滅
ノックインオプション:割安だが一定水準でオプション発生
アベレージオプション:原資産価格の平均値を活用

通貨オプションの取引(外国為替市場)

外国為替市場において、スポットフォワードなどの外国為替取引が売買した通貨(現物)の受け渡しを行う契約であるのに対して、通貨オプションは「通貨を売買する権利」を売買する契約のため、現物の受け渡しはありません。また、オプションの権利を行使するかしないかは、権利の購入者が決定する一方、権利の売却者はオプション料と引き換えに、購入者の権利の行使時にそれを実行する義務を負います。

なお、外国為替市場では、通貨オプションの満期日は、対象となる日時と市場が予め決められており、また最終的な締切時間を「オプションのカットオフタイム」と言い、この時間帯前後に、オプションのポジション調整のための売買によって為替レートが大きく動くことがあるので注意が必要です。