ショート・コール

英語名: Short Call
分類: オプション

ショート・コールは、オプション取引において、コール・オプションを売ることをいいます。これは、リターンを重視したオプションの売り戦略の一つで、またコール・オプションとは、ある商品を将来のある一定期日(期間内)に、その時の市場価格に関係なく、予め決められた一定価格(権利行使価格)で購入することができる権利をいいます。例えば、日経平均株価(株価指数)が上昇しないことを期待して、コール・オプションを売るケースなどが挙げられます。

一般にショート・コールでは、期待通りに原資産の価格が上昇しない場合は、プレミアム(利益)を手に入れることができますが、その一方で原資産の価格が権利行使価格を超えて上昇した場合は、損失(理論上無制限)となります。

<主なポイント>

・中立~弱気(ベア)の戦略
・プレミアム(オプション料)を最初に受け取る
・理論的には、損失は無限大の可能性

フィンテックが身近に。世界水準の金融アルゴリズムを提供するロボアドバイザーに注目!