短期借入金

読み方: たんきかりいれきん
分類: 勘定科目(B/S)

短期借入金は、金融機関などから調達した1年以内に返済する借入金(ローン)のことをいいます。これは、主に運転資金や決算資金、賞与資金などに利用され、通常、資金の調達先としては、銀行・信金・信組・労金・農協等の金融機関、関係会社、株主、役員などがあり、また借入方法としては、当座貸越や証書借入、手形借入、ビジネスカードローンなどがあります。

なお、ローンによっては、返済期日が到来するたびに借り換えで対応することも多く、あまり短期借入に依存しすぎると、財務面の安全性に欠けることになるので注意が必要です。

短期借入金の勘定科目

短期借入金は、返済期日が貸借対照表日(決算日)の翌日から起算して1年以内に到来する借入金を処理する負債勘定で、貸借対照表(B/S)においては、「負債の部」の「流動負債」として計上されます。また、借入金の支払利息については、損益計算書(P/L)の「営業外損益の部」の「営業外費用」として計上されます。

短期借入金の会計処理

借入金の会計処理においては、ワン・イヤー・ルールが適用され、短期か長期かの区別は、決算日の翌日から1年以内に支払期限が到来するか否かで判定します。これより、決算日の翌日から1年以内に支払期限が到来するものは「短期借入金」、また決算日の翌日から1年を超えて支払期限が到来するものは「長期借入金」として処理されます。