短期借入金

読み方: たんきかりいれきん
分類: 財務・会計|貸借対照表

短期借入金は、金融機関などから調達した1年以内に返済する借入金(ローン)のことをいいます。これは、主に運転資金や決算資金、賞与資金などに利用され、ローンによっては、返済期日が到来するたびに借り換えで対応することも多く、あまり短期借入に依存しすぎると財務面の安全性に欠けることになります。また、調達先としては、銀行信用金庫信用組合労働金庫などの金融機関関係会社や株主、役員などがあり、また借入方法としては、当座貸越や証書借入、手形借入、ビジネスカードローンなどがあります。

一般に短期借入金は、経理上においては、「返済期日が貸借対照表日(決算日)の翌日から起算して1年以内に到来するもの」が該当し、貸借対照表(バランスシート)では「流動負債」として計上されます。また、ローン支払利息については、損益計算書の「営業外損益の部」の「営業外費用」として計上されます。なお、短期借入金に対して、返済期日が決算日の翌日から起算して1年以内に到来しないものについては「長期借入金」に区分されます。