未払金

読み方: みばらいきん
分類: 財務・会計|貸借対照表

未払金は、本来の営業取引から生じる債務である買掛金以外で、本来の営業取引以外の「非継続的な取引から生じる債務」を対象とする勘定科目をいいます。これには、固定資産有価証券の購入代金の未払分、事務用消耗品費や工具器具備品などの未払分、外注加工費の未払分、利払日が経過した社債利息の未払分などがあります。また、中小企業などで資金繰りの都合により、通常の支給日に給与を正しく支給できず、支払いを遅らせる場合があり、この場合も支払期日は到来しているので、給与の未払分は未払金勘定で処理をします。

一般に未払金は、ワン・イヤー・ルールの適用を受け、貸借対照表においては、決算日の翌日から1年以内に支払期日の到来するものは「流動負債の部」に未払金として、1年を超えるものは「固定負債の部」に長期未払金として計上されます。なお、本来の営業取引以外の「非継続的な取引から生じる債務」を全て未払金勘定で処理をすると、その範囲が大きくなるため、企業会計の「明瞭性の原則」から、特に残高に重要性がある場合には、その債務の内容を示す名称を付して区分して表示します。