買掛金

読み方: かいかけきん
英語名: Account payable
分類: 勘定科目(B/S)

買掛金は、商品や原材料、サービスを仕入れまたは提供を受けた時、後から代金を支払うものとして、未払いとなっている債務を対象とする勘定科目をいいます。

企業の通常の営業取引(商取引)により発生した債務で、貸借対照表(B/S)においては、貸方の負債の部流動負債の一つとして計上されます。

◎貸借対照表 > 負債 > 流動負債 > 買掛金

一般に買掛金は、企業間の信用取引の一種で、企業の信用に基づいた現時点ではなく将来の現預金の支払いを約束した取引であり、その支払い(振込等)については細心の注意が必要です。

◎経理作業を行う上で、仕入先毎に買掛金の増減と残高を取引の発生順に記録するための補助簿である「買掛金元帳(仕入先元帳)」を作成するのが一般的である。

◎多くの企業では、買掛金の取引件数が多数になるため、毎月一定日に締め切って取引先別に集計し、取引先からの請求書と照合して、所定の日に支払いを行うことになる。