未払法人税等

読み方: みばらいほうじんぜいとう
分類: 財務・会計|貸借対照表

未払法人税等は、会計上の負債の一つで、法人税、住民税(道府県民税、市町村民税)、事業税の確定申告の納付税額の未納付金額および中間申告の納付金額を一時的に処理するための勘定科目をいいます。

一般に企業等(法人)は、決算後2カ月以内に確定申告を行って税金を納付しなければなりませんが、通常、決算時点では未払いとなります。そのため、決算で当期純利益が確定すると、それに基づき損益計算書上の法人税等の税額も確定するため、その金額を「法人税等」の科目で費用として処理する一方で、確定した法人税等の金額は「未払法人税等」の科目で負債として処理します。また、その際に、法人の税金の支払いは決算後2カ月以内に行う必要があるため、ワン・イヤー・ルール(1年基準)により、未払法人税等は、貸借対照表上の「流動負債の部」に計上されることになります。

なお、貸借対照表上に未払法人税等として表示される金額については、予定納税や中間申告による納税もあるので、当期の法人税等の金額から中間納税額が控除された金額となります。