前受収益

読み方: まえうけしゅうえき
分類: 勘定科目(B/S)

前受収益は、一定の契約に従って継続して役務(えきむ)の提供を行う場合に、未だ提供していない役務に対して、当期に前もって支払いを受けた場合に使用する勘定科目をいいます。これは、決算時において、未だ提供していない役務に対して、当期に前もって支払いを受けた収益を次期に繰り込すために使用する経過勘定となっています。通常、当期の収益として計上したものの、その中に次期以降の収益が含まれているため、費用収益対応の原則から決算整理仕訳をして、当期の損益計算書から除去すると共に、当期の貸借対照表に計上する場合に用いられます。

一般に前受収益の種類には、前受家賃や前受利息、前受保険料、前受保証料などがあり、貸借対照表(B/S)において「流動負債」として計上されます。また、前受収益で、決算日の翌日から1年を越えて収益になるものについては、「固定負債」として「長期前受収益」で処理をします。なお、本科目は、経過勘定であるため、翌期首に元の勘定科目に振戻仕訳を行う必要があります。