正常営業循環基準

読み方: せいじょうえいぎょうじゅんかんきじゅん
英語: Normal operating cycle rule
分類: 財務諸表/貸借対照表

正常営業循環基準は、貸借対照表(B/S)において、正常な営業循環(営業サイクル)内にあるかどうかで、資産や負債を「流動」または「固定」のいずれかに分類する会計上の基準(ルール)をいいます。

ここでは、正常営業循環基準の概要について、簡単にまとめてみました。

目次:コンテンツ構成

正常営業循環基準と一年基準

正常営業循環基準とは、貸借対照表(B/S)上で、現金→仕入→商品→販売→売上→現金といった、会社の通常の営業活動で生じる資産(負債)を「流動資産(流動負債)」と判断するものです。

通常、資産負債の区分にあたっては、最初に「正常営業循環基準」を適用し、その後にもう一つの分類基準である「一年基準(ワン・イヤー・ルール)」を適用するという手順になります。

※一年基準:決算日の翌日から起算して、1年以内に回収や支払いができるかどうかによって分類。

正常営業循環基準の流動資産の区分

通常の営業取引で発生する現金預金受取手形売掛金棚卸資産前払金といった、会社の主目的たる営業取引の過程にある資産は、原則として「流動資産」に分類されます。また、この過程にあるものは、たとえ現金化される期間が1年を超えるものであっても、全て流動資産に分類されます。

例えば、日本酒や焼酎、ウィスキーの製造のように棚卸資産(仕掛品)である原酒の貯蔵期間が相当長くても、その仕掛品は流動資産に分類されます。

正常営業循環基準の流動負債の区分

通常の営業取引で発生する支払手形買掛金前受金といった、会社の主目的たる営業取引の過程にある負債は、原則として「流動負債」に分類されます。また、この過程にあるものは、たとえ支払期限が1年を超えるものであっても、全て流動負債に分類されます。